選ぶならこんな仕出し弁当がおすすめ

仕出し弁当

仕出し弁当は、懐石を中心とした宅配型のお弁当で、料理屋さんに注文して作ってもらうお弁当です。自分や家族はもちろんですが、友人、クライアント、親戚など他の人に満足してもらえるかどうかが大切です。大人数で集まった際に、片付けや回収などの手間がなく、ゆっくりと食事ができるのがメリットです。そこで大切なのはまず予算です。限られた予算内で全員が満足して美味しく食べられるものが理想です。予算内で美味しいお弁当を注文することが第一です。そして、重要なのは食事をする方の年齢層です。職場であれば、重役の好き嫌いも配慮しなければいけません。仕事で使用するものならば、適度に豪華で品のある見た目も大切です。最近では和食以外にも、中華や洋食を取り入れた仕出し弁当も沢山ありますので、少し気分を変えて変わった物を出しても喜ばれるかもしれません。

仕出し弁当の種類と相場について

仕出し弁当には種類が沢山あります。代表的なものは幕の内弁当といって区切られているお弁当箱に入っているもので、日常的な料理や晴れの日の料理が少量ずつ盛り込まれたお弁当です。松花堂弁当も一般的で、松花堂とは略式会席料理を指しており、江戸時代の僧侶である松花堂昭乗の考案した十字に区切られた入れ物がベースとなっています。会席料理なので、豪華な内容となります。また洋風ですとステーキやローストビーフなどが入ったものもあり、イタリアンやフレンチ、中華などの様々な高級レストランがお弁当の配達を行っています。また仕出し専門にしている業者もあり、比較的安価での注文も可能です。相場の価格帯としては千円ほどの物から五千円を超すものもあります。その場に合わせて予算と相談し、満足してもらえるものを選びましょう。

仕出し弁当の失敗しない選び方について

仕出し弁当は、食事をする方の年代や性別を把握し、きちんと適したものを選ぶべきです。様々な種類がありますので、年配の方には、魚や野菜を中心とした和食が好まれます。また女性中心の集まりであれば、ヘルシーで見た目が華やかで楽しめる彩りのよいものが好まれます。若い男性が中心ですと、とんかつや唐揚げなどといった揚げ物が入ったしっかりとした量のあるお弁当がおすすめです。また小さな子供がいる場合では、お子様用のお弁当を注文できると、大人から子供まで対応したお弁当で満足してもらえます。次に利用シーンをしっかり把握することが大切です。ロケや会議に接待、法要、地域イベント、セミナーなどの様々なシーンで利用される仕出し弁当は、会議やセミナーにおいては、限られた時間内で完食が可能、かつ満足のいく質と量が必要になります。そして法要時のお弁当では、雰囲気に合わせた懐石料理がよいでしょう。